« 3枚目のスタジオ盤、ついに完成!! | トップページ | Ⅲ (2006) »

2006年11月22日 (水)

井の頭公園 路上表現許可制についてのニュース

読売新聞のニュースを転載いたします。

井の頭公園で路上表現が許可制に…芸術審査に不安の声

Photo
ミュージシャンやマジシャンなどが多彩なパフォーマンスを披露する井の頭公園
 

 週末ともなれば、弾き語りやマジックなどの路上パフォーマンスであふれる東京・井の頭公園で、来年1月から、こうした活動に事前の許可が必要になる。

 公園内の無許可占有は都市公園法などに違反するとして、公園を管理する都が、初めて導入を決めた。

 都は「締め出すのではなく、一定ルールの下で活動してもらおうということ」と説明するが、審査に合格する必要がある上、登録料の負担も生じるため、“芸術家の卵”たちからは「自由な表現活動の場が奪われるのでは」と不安の声が出ている。

 木漏れ日の下でバイオリンをひいたり、路上に自作の絵画や写真を並べて販売したり。井の頭公園は、こうした路上アーティストたちの聖地とされる。3年前にメジャーデビューを果たした歌手のあさみちゆきさん(28)も同公園出身。5年前から弾き語りを続けてファンを増やし、「井の頭公園の歌姫」と呼ばれた。公園を管理する都西部公園緑地事務所によると、あさみさんのような成功を目指すアーティストは、多い日で100人以上集まるという。

(読売新聞) - 11月20日15時10分更新

|

« 3枚目のスタジオ盤、ついに完成!! | トップページ | Ⅲ (2006) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/170875/4270588

この記事へのトラックバック一覧です: 井の頭公園 路上表現許可制についてのニュース:

« 3枚目のスタジオ盤、ついに完成!! | トップページ | Ⅲ (2006) »